食べ過ぎを無くすためにレコーディングダイエットとホットヨガを行いました

間食の多い私が試して効果のあったダイエットは、レコーディングダイエットとそしてホットヨガです。
身長160㎝体重50㎏前後で見た目は結構ひょろっとしているのですが、フェイスラインやお腹と見えない所に脂肪がついているのです。
それも朝昼夜の3度の食事の他に、間食が多いせいだと思ったので、それを無くす為にも食べた物を記録して尚且つ汗をかいて痩せる事にしました。

最初の1日目は普段通りに食べていたのですが、何と知らぬ間に1800Cal以上も食べていて驚きました。
朝は白米とおかず、昼は菓子パンかチョコ等のお菓子、夜はパスタやラーメンでその合間にちょこちょこ摘まんでいました。
炭水化物が多いと思ったので白米、麺類は1週間に1~2回、お菓子は避けて、鶏肉や魚、野菜、そういったおかずでお腹を満たすようにしました。
今までこれだけ食べていたのに急に減らしてもつかと心配でしたが、どうやらあると食べてしまうだけで、お腹は特に減っていなかったので耐えられました。

食べた物とカロリーをメモしつつ、週に2回1時間程度のホットヨガをしました。
これはスクールに通ったのですが、月1万程でがっつり汗をかけるのでとてもいいです。
おかげで1ヶ月経つ頃には、激しい運動はしていないのに顔もお腹も引き締まっていました。
体重は2㎏減っただけですが、浮腫みもとれるとこんなに変わるのかと思いました。

私のように、お腹が空いていないのについ食べてしまうという人にお勧めの方法です。

特に日本人という生き物はお米という炭水化物が主食となっていますから、昔からお米が大好きなってしまったらダイエットに非常に辛い思いをする事になるでしょう。ライザップなどは炭水化物ダイエットを実行しますからね。
炭水化物を抜くとエネルギー源がなくなりますので頭がぼーっとしたりイライラしたり、ヤル気が出てこなかったりと様々な症状が出てしまう事例が出ているので出来れば量を少なくするなどの対応策でやるべきかなと思います。
急激に炭水化物を0にすると危険ですよ!

ダイエットと美容を同時に。

ダイエットと美容を同時に行う方法です。同時に行うというよりも、切り離せない関係です。
それは、「運動を気にすることと食事を気にすること」です。
体重を減らすには「摂取カロリーよりも、基礎代謝と運動消費カロリーの合計が上回ること」です。
これができれば、体重は必ず落ちます。
ではその方法はというと、まずは運動量を増やしましょう。
わざわざスポーツクラブやジムに通う必要はありませんよ。
外を歩いたり走ったり、自宅で筋トレしたりストレッチをしたり等々、簡単にできます。
難しく考えることはありません。
自宅でできる筋トレ、例えば「腕立て伏せ」「腹筋」「背筋」「スクワット」など、まずは胸・腹・腰・背中・脚の5大筋群を鍛えましょう。
大きな筋肉が大きくなれば、基礎代謝がアップするので、痩せやすく太りにくい体になります。
それから、ペットボトルダンベルでも使って、二の腕のシェイプアップなど行えば十分です。
その後に「1時間歩く」あるいは「2km歩く」といった、「有酸素運動」で身体全体の脂肪を燃焼させましょう。
トレーニングの順番は、筋トレしてから有酸素運動です。
筋トレをすると、成長ホルモンが多く分泌されるので、美肌効果が期待されます。
有酸素運動で血流が上がるので、ここでも美肌効果が期待されます。
このように、筋トレを有酸素運動を行うことで、ダイエットと美容が同時に行えるのです。